こんな式変形は思いつかない

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

Q 数学の問題集の解説を読んでいて、

「こんな式変形は思いつかない」とか、

「なぜこの場所でこのテクニックを使うことが自然とできるのか分からない」

といったような疑問が出てくることが多々あります。

管理人さんはこのようなことはありましたか?

また、その場合どのように解決しましたか?

 

A 実際にいろいろな生徒に教えていると、よく聞かれる質問です。

このようなケースは3種類に分かれると思っています。

①ゴールから逆算すれば自然である場合

②数学関連の「業界」ではもとから有名な場合

③実は前にやっているのに思い出せないだけの場合

①はけっこう多く見られるケースです。

数学が苦手、特に図形問題が苦手だという人にはこのパターンが当てはまることが多いです。

「答えがおそらくこのようになるはずだから、そうなるにはこのような流れが必要」という思考を普段から多く採り入れていく必要があります。

初見の問題を解くときだけでなく、問題の解説を読むときにもそのような思考回路で眺めるべきです。

 

②は仕方がありません。その都度覚えてしまいましょう。

ただし、「②である」と勘違いされた①が多いように管理人は考えています。

①であることをしっかりと除外してから、②だと判定してください。

 

③は単なる復習不足だとも言えます。

もしかすると、あらゆることの責任を自己の外に求めてしまう姿勢から正す必要があるかもしれません。

まあ、指摘しても治らないことが多いわけですが・・・。

 


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

コメントを残す