作業と学習は別物である

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

15142781-training-word-speech-bubble-illustration-on-white-background管理人の主張はタイトルの通りである(笑)

作業を沢山こなしても、入試には何の足しにもならない。

このような「作業」は学習とは区別して、

まとめて手際よく処理するべきである。

 

管理人が「作業」だと考えているものの例を以下に列挙しておく。

  • 頭を使っていない「復習」のような動作
  • 国語などの本文書写
  • 参考書のマーカー入れ
  • 単語カード作り
  • まとめノート作り
  • その日の計画を立てること(to do listの作成
  • 模試の準備
  • 模試の成績を眺める
  • 友人に質問のメールを打つ
  • 予備校などへの通学時間
  • ほとんどの授業(講義形式)前後の整理
  • プリント類の整理

など。

 

読者の皆さんも自分の日々の生活を観察してみてほしい。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

2件のコメント

  • sabaku

    ・頭を使っていない「復習」のような動作
    ・国語などの本文書写
    ・参考書のマーカー入れ(←ノート)
    ・単語カード作り(←単語をノートにまとめる)
    ・まとめノート作り(←古文漢文)
    ・その日の計画を立てること(to do listの作成)(←定期前)
    ・模試の準備
    ・予備校などへの通学時間(←学校へ)
    ・ほとんどの授業(講義形式)前後の整理
    ・プリント類の整理(←たくさん配られてまとめて提出させられます)
    以上が学校によって(半)強制でさせられるものです。
    確かに頭を使わないことばかりで、学校に依存し過ぎてたら、入試対策が進まないということを感じました。
    提出とかしなくても何とかなるものは切っていくのが大事みたいですね。
    無理矢理提出させられるものは(適当に)速く書くなどして対応したいと思います。

  • jiyujin

    コメントありがとうございます。

    まさにその通りです。

    現代の教育現場では教員の監視の目が強いですから、「心を込めずに作業として取り組む」というのが最も適した対応策だと思います。

コメントを残す