数学のサンプルプラン【高1開始】

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

「もう少し具体的な勉強プランを示してほしい」という声が寄せられたので、私見として時系列に沿った参考書のチョイスを提示することとした。

これまでにも述べた通り、「どの本を選ぶか」よりも「どのように勉強するか」のほうが上位概念であるので、「使い方」のほうにより気を配って欲しい。

その際は、以下の記事を熟読してもらいたい。

 

高校1年生の9月からスタートすると想定して、東大や旧帝大医学部などの難関大を目指すプランである。

「自分がこの境遇だったらこうする」というプランなので、使っていない本も紹介している。

 

ケース1

学校で指定されているのは、教科書と教科書傍用問題集のみ。

 

高1・9月~高1・2月

「青チャート」のⅠAを例題のみ徹底的に反復する。

 

高1・3月~高2・8月

こちらはⅡB。

 

高2・9月~高2・3月

ⅢC。

 

高3・4月以降

以下の本から適切なものを選んで解いていく。

「やさしい/ハイレベル理系数学」はそれぞれ3ヶ月程度、マセマの頻出/ハイレベルシリーズはそれぞれ1~1.5ヶ月程度、「新数学演習」は4ヶ月以上を目安にするとよい。できれば同じシリーズを継続的に用いたほうがよいだろう。

 

 

ケース2

学校で「黄チャート」が指定されている場合。

この場合、黄チャートと「1対1対応の演習」を併用していくのがよいのではないかと考える。学校の進度に沿う形でよい。

各章ごとに黄チャート→1対1対応例題、という形でも良いし、数学Ⅰ分野の黄チャート→Ⅰ分野の1対1対応、という形でも良い。

ただし、黄チャートについてはⅢCまでを高2の末、遅くとも高3の6月までには終わらせたい。

上記の青チャート同様、例題のみを徹底的に反復する。

 

 これらの問題集を終了させた後

ケース1の最後に列挙したオプションから自分に合っているものを選択する。この場合は青チャートよりは上を行っているはずなので、いきなり「ハイレベル理系数学」や「ハイレベル文系理系/理系数学」、「新数学演習」に入ることも可能である。

 

以上、高1生が東大・医学部を受験する際のサンプルプランを考えてみた。お役に立てれば幸いである。

この記事で紹介した問題集は、あくまでひとつの例として列挙したものである。他にも使えそうな本は多くあるので、上のメールフォームから①本の正式名称、②出版社名③使用目的を記したメッセージをいただければ、私の意見も述べていきたいと思う。書店で一般に手に入る本(学校経由でしか売っていないものは不可)であれば、極力対応したい。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

19件のコメント

  • sabaku

    実際に何をしたらいいか、どの位のペースで参考書学習をしたら良いかということが具体的に知ることができたのでとてもためになった! チャートなどが終わったあとの参考書も示してあり、安心して勉強を進めれそうです!

  • admin

    コメントありがとうございます。

    他の科目や学年についてもこういったコンテンツを増やしていこうと考えています。

    これからもご意見・ご感想をお待ちしております。

  • 西村 淳

    1対1対応終了後に、
    やさしい理系数学と理系数学の良問プラチカでは、
    役割的にはどう違いますか?
    どちらかを先で両方。
    片方を反復。
    するかで検討中です。
    ちなみに、九大医学部志望です。

  • admin

    プラチカは2冊に分かれていると思います。2冊ともやるのであれば、やさしい理系数学の代わりにはなりうるでしょう。

    両者の違いは、「やさしい」のほうが若干易しめであり、入試問題そのものではないこと(ほぼ改題されています)、です。

    ですから、西村さんの実力次第ではありますが、プラチカをこなすことができれば、一気に入試レベルに達することも可能でしょう。

    問題集の質、量については問題ありませんので、あとはどれだけ自分のものにできるかです。

  • 西村 淳

    早々のコメントを頂きまして、
    とても助かりました。
    思考力トレーニング期の参考書で悩んでいましたので、
    スッキリしました。
    これからもよろしくお願い致します。

  • しゆ

    ①実力UP!問題集シリーズ

    ②マセマ

    ③チャートシリーズの代用

    チャートは、個人的に合わなくて使用を避けてきました。このシリーズが終わり次第このサイトに書かれているようにマセマの頻出シリーズなどに進もうと考えています。このシリーズについての記述がこのサイトに見当たらなかったので、もしかしたらあまり良い問題集ではないのか・・・と思い、質問してみました。ちなみに、国公立医学部志望の浪人生です。数学が苦手で一からやり直しているところです。

  • admin

    上の例で言うと、黄チャート、もしかすると青チャートに代用できると思います。頻出レベルシリーズへの接続も可能でしょう。

    網羅性のある基礎問題集の中ではチャートシリーズが頭ひとつ抜けている感があるので、紹介しています。

    合格実力UPシリーズは問題が絞られている(ただし、網羅性は低くなります。)ので、短期で仕上げようと思ったら優れた本かもしれません。本屋でいろいろな本を見てみましたが、しゆさんの判断はチャートの次善策の中ではベストだと思います。

  • しゆ

    ありがとうございました。

  • Roku

    とてもわかりやすいプランです
    僕の学校は数学の進みが糞遅くて困っていたのですが、このプランをベースに計画を立て頑張っていこうとおもいます^_^

  • admin

    コメントありがとうございます。受験生に役立つサイトになるよう努力しますので、これからもこのサイトをよろしくお願いします。

    疑問点がありましたら、コメントやメールフォームでコンタクトしてください。

  • Lait

    黄チャートや青チャートの代わりに赤チャートを使えますか?

  • jiyujin

    使えます。以下の記事とコメント欄も参考にしてください。

    管理人が数学で使った参考書のリスト
    数学のサンプルプラン【高2開始】

  • Lait

    参考にします
    ありがとうございました

  • Hiro

    京医志望のものです。現在の学力は駿台全国63、センター9割程度です。二次得点6-7割を目標としています。
    数学が苦手で解法を身に付けきれていないので、6月中に1対1を覚えきり、7月から世界一わかりやすい京大の理系数学で基礎固めをして、
    演習は学校で進めるオリジナル受験編と京大25ヶ年で積み、発展的解法をハイレベル理系数学で身に付けようと思っています。
    解法に関してはわんこら式と呼ばれる暗記型で習得しようと考えています。

    アドバイスをいただけると幸いです。

  • jiyujin

    参考書のチョイスについては何ら問題ないと思いますが、私は「わんこら式」について存じていません。

    「わんこら式」に関連する部分については、その提唱者に質問してください。

  • hfun

    理Ⅲ志望1年です。赤チャート全てと1対1対応の例題を終了しました。プラチカに進もうか、東京出版系(新スタンダード系→新数学演習)やろうか迷っています。どちらへの接続がスムーズでしょうか。それともまだ時間もありますので何かはさんだ方が良いでしょうか。

  • ふくろう

    中学1年生からプランも作って欲しいです、

  • jiyujin

    ご質問ありがとうございます。
    高1ですと、少し時間がありそうですので、1対1をもう3周くらい、さらうように復習された上で次に進むのが好ましいと思います。
    数学で得点を稼ぐつもりであれば、東京出版のものを問題を間引かずにこなすことをおすすめします。(が、時間はそれなりにかかると思います。)

  • jiyujin

    ご意見ありがとうございます。
    管理人の時間の都合上、すぐにご期待に応えることは難しいかもしれません。
    当面は中学数学を速やかに先取り学習で終わらせた上で、上記コースに前倒しで乗っていただくことをおすすめします。

コメントを残す