理3生は数学オリンピックに出た人ばかりなのか

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

Q 東大理3には数学オリンピックに出ていたような人ばかりだと聞きますが、

実際はどうなのでしょうか?

そして、数学オリンピックに挑戦することは受験に役に立ちますか?

 

A 正確なデータがあるわけではないのではっきりとは分かりませんが、管理人の周りの人たちを見ると、数学オリンピックの本戦まで出たような人が学年に5%くらいいるような気がします。予選などを受験したことがある人は彼らを含めて2・3割であるように思います。

このように、比較的参加率は高いものの少数派にとどまる、というふうに認識してください。ちなみに管理人は参加したことがありません。

東大の場合、数学がそこまで得意でなくとも合格することができます。例えば英語に強い人は有利でしょう。自分の強みをしっかりと分析して受験計画を立ててください。

数学オリンピックの対策等をすることは大学受験の対策としてはオーバーワークだと思いますが、数学の得意意識を得ることができることに加え、本戦に勝ち上がれば全国の成績上位者と知り合いになれるというメリットがあると思います。そのような刺激がほしい人のみ参加すればよいでしょう。

 


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

コメントを残す