英文読解のサンプルプラン

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

「もう少し具体的な勉強プランを示してほしい」という声が寄せられたので、私見として時系列に沿った参考書のチョイスを提示することとした。

これまでにも述べた通り、「どの本を選ぶか」よりも「どのように勉強するか」のほうが上位概念であるので、「使い方」のほうにより気を配って欲しい。

この記事での「英文読解」とは、実際の入試のように長文問題を解くことを中心とした学習のことを指す。基本的に英文解釈の力が十分についてから始めなければ効果は出づらいのではないかと思う。

 

実戦の感覚を養うため、できれば時間を決めて問題に取り組むことが好ましい。目標とすべき時間は、300語で20分、500語で25分、700語で30分といったところか。各人の実力に合わせてタイムトライアルを行ってほしい。

 

以下では管理人の考える難易度順に参考書を列挙していく。受験する大学の英語の難易度に合わせて選んでもらいたい。全てをやる必要はなく、自分が英語にかけられる時間を考慮して間引きしてよい。使うテキストの選び方としては、「時間制限の中で速く読解を行う」ことを考え、自分の実力より一段階下のレベルから始めることをおすすめする。また、同じシリーズを継続的に用いると学習の効率は上がるだろう。

 

①英語長文問題精講

問題数は豊富。重たい読解問題ばかりではなく、設問のバラエティーに富む。時間に余裕があればおすすめ。

 

②やっておきたい英語長文300

①と同じくらいのレベルだと思われる。

 

③精読のプラチカ

普通の読解問題集。やっておきたいシリーズより良質な問題だと思う。

 

④出る!出た!英語長文30選

コメントは③に同じ。

 

⑤英語総合問題演習中級篇

問題は古い。が、使いやすい。

 

⑥やっておきたい英語長文500

実際の入試問題をやたらと改変しているのがネックであるが、問題数を稼ぐのには有用。

どの大学を受けるにせよ、難関受験生ならここまでは到達すべき。

 

⑦英語総合問題演習上級篇

コメントは⑤に同じ。

 

⑧出る!出た!英語長文22選

コメントは③に同じ。

 

⑨やっておきたい英語長文700

実際の入試問題をやたらと改変しているのがネックであるが、問題数を稼ぐのには有用。

東大を受けるなら、ここまではクリアしたい。

 

⑩速読のプラチカ

コメントは③に同じ。難関大で高得点を狙うなら、ここまではクリアしたい。

 

⑪やっておきたい英語長文1000

東大や英語が難しい大学で高得点を狙うなら、ここまでクリアしたい。

 

 

この記事で紹介した問題集は、あくまでひとつの例として列挙したものである。他にも使えそうな本は多くあるので、上のメールフォームから①本の正式名称、②出版社名③使用目的を記したメッセージをいただければ、私の意見も述べていきたいと思う。書店で一般に手に入る本(学校経由でしか売っていないものは不可)であれば、極力対応したい。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

6件のコメント

  • muckedkopo

    これがあることを知りませんでした・・

    自分の不見識ゆえにお騒がせしました。

  • Roku

    長文読解は問題を解き、わからなかった単語を調べ、
    訳や文法構造を意識しながら解くって感じでいいですか?

    アドバイスお願いします!!

  • admin

    8割以上の労力を読解に当ててください。単語などはおまけです。

  • muckedkopo

    管理人様は、英文読解(長文)はどのように
    参考書を用いていらっしゃいましたか?

    漠然と解き散らかしていただけといったものか、
    解説を読み、じっくり構文分析を行い何度も何度も
    解き返していらっしゃったのでしょうか?

    このブログを読んでいればおのずと正が得られるような
    質問ではありますが、念のためよろしくお願い致します。

  • jiyujin

    自分の場合は英文読解を
    ・英文解釈
    ・長文読解
    の2つに分けて考えていました。

    前者では分析的な視点を重視し、後者では問題の数をこなすことを重視していました。

    ただし、いずれにおいてもそれぞれの要素がゼロであったわけではありません。比重を変えるイメージが良いかと思います。

  • muckedkopo

    ありがとうございます

コメントを残す