長期休暇での学習効率の低下について

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

Q 夏休みだと自分の過ごし方が自由に決められる日が増えると思いますが、

(補習で半分は学校ですが)時間がたくさんあると考えてしまうと勉強を後回しにしたり、

効率悪くだらだら勉強してしまうという危険性が少なからずあると思います。

そういうのを防ぐためには何か対策をするべきことはありますか?

 

A まず、ある程度の効率の低下は受容することが大事だと思います。

少しくらいはだらだらしてしまうということを前提に計画を立てましょう。

その上で効率の低下を防ぐためにアドバイスをするならば、

「計画の進捗を視覚化する」

という方法が挙げられます。

やることは簡単で、文房具屋さんなどで大きな模造紙を買ってきます。

毎日やるべきことのリストと日付の2軸を作り、終わったら印をつけていくのです。

これは教育現場や医療でも使われている方法ですので、効果は必ずあるものと考えます。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

3件のコメント

  • sabaku

    2軸というのは、x軸、y軸のように横と縦でとっていくようなものですか?

  • jiyujin

    はい。その通りです。

    マトリックスを作って、塗り絵のような感じで達成率を評価してください。

  • sabaku

    面白そうです!

    この通りに実行してみます。

コメントを残す