英語で使った参考書のリスト

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

管理人は中高一貫校出身で、英語に関しては、中学の時点から大学入試を見据えた勉強をしていた。以下に使った時期ごとに使用した参考書を列挙する。学校でのみ配られる教材等は入手困難である場合が多いため、掲載していない。中学の間は、英語と数学に関しては学校の課題にもかなり真面目に取り組んだ。

 

本の数が多くて驚かれる方も多いようだが、全ての参考書を全力でやったわけではない。詳細は各参考書のページで書いたので、参考にしてもらいたい。

 

<中学>

<高校>
例文暗記系

文法系

単語系

読解系

英作文

リスニング

実戦演習(含・模試過去問など)





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

11件のコメント

  • muckedkopo

    「英語要旨大意問題演習」は、入試で
    要約が求められない限りやる意味はないのでしょうか?

    立ち読みしたのですがすごいやりたいなと
    思いまして・・・

    阪大医志望です。

  • admin

    時間があるならやってもいいです。やってマイナスになることはないと思います。

  • muckedkopo

    「精読のプラチカ」・「速読のプラチカ」(共に河合出版)
    をビジュアル英文解釈PARTⅡからの
    長文問題への導入として用いたいのですが
    どうでしょうか?

  • admin

    こちらをご覧ください。

    英文読解のサンプルプラン

  • phone

    ネクステージの文法、語法の問題は穴埋めなので解けるのですが、日本語を英語に訳せという問題は、短文ならある程度は書けるのですが、ミスが多いです。それでも解釈に入っても大丈夫でしょうか。

  • jiyujin

    大丈夫です。

    ただし、間違えた問題に関しては常にこまめに復習をする必要があります。
    これは全ての本に共通して言えることです。

  • phone

    ありがとうございます。

  • phone

    高2の一学期までは、ビジュアル英文解釈1,2(復習)、基礎英文解釈技術100(復習)、基礎英文問題精講(復習)、速読英熟語(復習)、速読英単語必修編、テーマ別英文読解教室でいいと思いますか。復習、勉強方法は主に音読。目標レベルは、高2終了時点で大学入試の英文が概ね読めるようになること。語彙、作文は2学期の予定です。

  • jiyujin

    ご質問の件ですが、
    英文解釈のサンプルプラン
    英文読解のサンプルプラン
    英文法のサンプルプラン
    英作文のサンプルプラン
    を参考にしていただければ幸いです。

    単語に関しては十分だと考えます。

  • yossy

    ①英文和訳演習中級篇、②駿台文庫、③ビジュアル英文解釈Ⅰ・Ⅱ(駿台文庫)の確認用として。
    ①英文和訳演習上級篇、②駿台文庫、③英文解釈教室(研究社)の確認用として。※既に記載されていますが、中級篇との対比に念のため。
    「ビジュアル英文解釈Ⅱ」や「伊藤和夫の英語学習法」(駿台文庫)に、上記の使用方法が記載されています。
    なお、「英文和訳演習上級篇」は、「テーマ別英文読解教室」(研究社、後述)の確認用としても使用可能かと思われます。

    ①テーマ別英文読解教室、②研究社、③ビジュアル英文解釈Ⅰ・Ⅱ(駿台文庫)の更なる上乗せ用として、英文解釈教室とのもう一方の選択肢として(英文解釈教室と比べて、文章は長め、構文は易しめになっています)。

    以上、評価頂ければ幸いです。

    ※先に推敲不足で投稿してしまいました、申し訳ありません。先のものは抹消頂ければと思います。

  • jiyujin

    ご質問ありがとうございます。
    「テーマ別英文読解教室」(研究社)は管理人は存じていませんでしたが、確認してみたところ質問者様のおっしゃる使い方ができそうな印象をもちました。

コメントを残す