化学で使った参考書のリスト

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

化学の対策に本腰を入れ始めたのは高2の秋ごろ(重要問題集)からである。以下に使用した参考書を列挙する。

重要問題集の前は、学校で配布された教科書傍用問題集をやっていた。

標準問題集・有機化学演習・100選は、きちんと復習を行っている。使い方は各リンク先でも書いているが、基本的に以下のページに書いてある方法である。

 


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

4件のコメント

  • muckedkopo

    実戦 重要問題集 化学Ⅰ・Ⅱ(数研出版)
    の代わりに、理系標準問題集化学(駿台文庫)
    をやり、その後、化学Ⅰ・Ⅱの新演習
    という流れはありですか?

    阪大医志望です。

  • admin

    標準問題集の方は網羅性に疑問があります。

    従って、新演習を確実に終わらせる時間的余裕がある場合のみ、この流れで進めるべきです。

  • muckedkopo

    現在、照井式解法カードを使って無機・有機化学の
    知識入力、そして理論化学は傍用問題集を用いている段階
    なのですが、
    理系標準問題集は繋ぎ的な感じで軽く1~2周して
    メインは新演習という感じでもいいでしょうか。

    また「原点からの化学」シリーズはどうでしょうか?

  • admin

    知識ストックのための本は正直なところどれでもよいと思います。各人が読みやすい体裁のものがよいでしょう。

    理系標準問題集は難易度的には入試の基礎となるレベルの問題ですので、もっと丁寧にやりたいところ。

    駿台や石川氏のファンなら『減点からの化学』でもよいと思いますが、積極的に薦める理由はそれ以外に見当たりません。上述の『理系標準問題集』も同じです。

    市販の本で昔からあってよく売れているものを選べば知識面では差がつかないのが現状ではないでしょうか。

コメントを残す