難問題の系統とその解き方

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

東大対策としては非常に有名な本。たしかにこの本の例題を徹底的に理解して使えるようにすれば、2次試験で8割程度の得点を得ることは容易であろう。

管理人は10回以上読みかえした(途中3度くらい書いて解いた)。問題によってはなかなか腑に落ちず、20回くらい読んだものもある。高3の11月から2月の半ばまでしっかり時間をかけたが、それに見合う価値はあった。復習法は下のリンクを参照してもらいたい。

関連記事
管理人がたどり着いた数学と理科の復習法
物理では計算や式変形そのものが本質を理解する助けとなる場合が多い。そのため、数学や化学に比べて自分で計算できるようになることを重視した。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。

コメントを残す