過去問研究とは何か

今日も応援ありがとうございます!

にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

人気ブログランキングへ

過去問研究は結局のところ「自分」の研究だ、というのが管理人の持論である。

 

入学試験では合否をあなたが決めるのではない。

志望校が志望校自身の軸で、あなたを評価することとなる。

決して受験者自身の軸で評価してくれるわけではない。

 

過去問を解いた結果は、志望校からあなたがどう見えているのかを如実に表す。

多くの受験生は苦手分野ばかりに気を取られるが、

得意分野も教えてくれている。

「あなたは○○の範囲が得意で、××の範囲が苦手です。

だから○○をもっと伸ばし、××については基礎からやり直してください。」

これを謙虚に受け止められるかどうか?

 

試験の前に結果は決まっている、というのはもしかすると

このことを指すのかもしれない。

 

いずれにせよ、現実を直視し、受け入れるほうがいい結果をもたらしそうだ。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


受験 ブログランキングへ

管理人の目標は、このサイトのアイデアを全国の隅々まで届け、難関大の学生の構成を変えていくことです。ランキングバナーのクリックに、ぜひご協力ください。

以下が指定教材です。受験常識の基礎をきちんと学習できます。この教材を補完するように記事を書いていく方針です。